カードローン審査徹底比較ナビ※初めて申し込む前に必読!

カードローンとキャッシングの違いとは何か

カードローンとキャッシングサービスが一緒になっているカードが多くなってきました。カードローンだけ、キャッシングだけのカードもありますが、複数の枚数を管理するのはそれだけ大変になります。
カードローンとキャッシングの違いは、カードローンは買い物の際に買い物の代金を立て替えてもらうカードと思うとイメージしやすくなります。翌月や、翌々月に支払をする事になります。また、分割払いや自分の都合に合わせて返済額を変えられるリボ払いの機能を持ったものもあります。
キャッシングとの違いはカードの対応、提携がされていないお店や駅では使えない所です。また、利子の年率はカードローンの方が低い傾向があります。
キャッシングは提携された銀行やコンビニのATMで直接現金を引き出すことが出来ます。現金を引き出す形になるので、当然使えないお店はなく、使い道が広がります。こちらもリボ払いに変更できるカードが増えています。
どのお店で使えるか、ATMで使えるかはカードを作る銀行、会社によって違います。自分の行くことの多いお店やATMがあるかなどの利便性で選ぶか、ポイントや優待で選ぶかもカード選びのポイントの一つです。
限度額が少額の場合、定期所得があれば簡単に作れるのが普通になりつつあります。収入が多い場合、限度額が増えたり、利子率が減ったりします。カードローン、キャッシング一体型のカードの場合、カードローンがメインで限度額があり、キャッシング枠が少ない場合もあります。申請時に選ぶことや、後から変更できる場合もあるので自分の使い方に合わせると良いでしょう。

カードローン会社を比較したい時は


カードローン比較表へ


その他の人気記事一覧♪

【今すぐ借りたい!】最短・即日融資に対応したカードローン
【比較して調べたい!】みんなに人気のカードローンとは?
【なるべく金利を抑えたい!】無利息サービスのあるカードローン
【初めてでも安心♪】あなたに合ったカードローンの選び方